従来WCL に代わり、新CWCL システムに

従来の「ワールド・クリケット・リーグ」 (World Cricket League,略称 WCL)システムは現在、「クリケット・ワールドカップ」(Cricket World Cup,略称 CWC) システムへと徐々に移行しています。

 

要点

  • • 13ヶ国の正会員が「クリケット・ワールドカップ」(CWC)の参加資格を持ちます。2020 年 5 月から2年間をかけます。ベスト8は2023年のワールドカップに進出でき、残りの5チームは2022年のリーグ戦に参加します。
  • • 2019 年 WCL旧制グループ2終了後、ベスト4はWCLグループ1 (または選手権大会)のベスト3チームと連合して、一緒にCWC リーグ 2に出場します (2019 年8月~ 2022 年1月、総当たり戦ODI 予選)。この7チーム(14 ~ 20 期)は旧制WCLランキングで最も優秀だったチームです。 リーグ2終了後、ベスト3はリーグ戦に参加し、残りの4チームはもう一度リーグ戦を行います。(2022)
  • 旧制 WCL でランキング 21 ~ 32 の 12 チームはCWC チャレンジリーグに参加します(2019年8月~ 2021年)。この 12チームは、各6チームずつAとBの二組に分かれます。各組の優勝チームがリーグ決勝戦に参加します (2022)
  • 2022 リーグ決勝戦の優勝・準優勝チームはさらに2022 年クリケット・ワールドカップ予選へ進出します。
  • 予選は10チームによるリーグ戦です (5チームはスーパーリーグより、3チームはリーグ2より、残りの2チームはリーグ決勝より参加)。
  • リーグ予選の優勝・準優勝チームは2023 年ワールドカップに進出可能となります。10 チームが共に競います。

 

69 総閲覧数 1 本日の閲覧数

コメントを残す